コンタクトレンズの需要調査

コンタクトレンズの需要ってどれぐらいあるのでしょうか。

2016年2月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29  

カラコンには、乱視用もあります。

女子力アップにはもはや欠かせないアイテムが、カラーコンタクトレンズです。カラコンには度ありレンズ、度なしレンズなどは馴染みがありますが、実は乱視用カラコンというものも存在しており、悪化させないためにも専用のカラコンを使用することがオススメです。ですが、乱視専用のコンタクトでなくても、近視を強くすれば良い、などと勘違いしている人も少なくないです。度数や軸など、入り方によって、調整する必要があり、個人にあったゆがみの角度をきちんと検査を受けて矯正していく必要があります。ほとんどのコンタクトは、度なしや近視、遠視用の種類が多いのが実情で、今では乱視コンタクトも取り扱うブランドが多くなって来ていますが、メーカーが限られ、ごく一部の販売店でしか扱っていないので、販売店を知っている人はごくわずかです。そのわずかな人々も、注文方法を知らなかったりします。しかも、高額なので、買ってから失敗しないように、買う前にしっかりと下準備をすることが大切です。コンタクトを購入するには、まず眼科で自分の瞳のデータを診察してもらうとが大切です。コンタクトを使用する際に注意しなければいけない事は、重ね付けは絶対にしないことです。重ね付けをすると、レンズに傷が付き、破れたりします。また、使っているコンタクトの使用期限を守って使う事が大事です。正しい使い方で、安全に使用することが大切です。

おすすめのリンク
カラコンのワンデータイプをお探しならこちらから!!

様々なカラコンが発売されてるので欲しいなと思うけれども・・・

カラコンは、コンタクトレンズ屋さんや眼科で売っている物でない物は
危険な物だという認識がありました。

でも、今はメーカー問わずCМでよく見かけるようになりましたね。
安全性が高くなったのでしょう。

とっても魅力的に感じて、ものすごく欲しいと思ってました。

しかし、私は目が悪いので
度なしレンズを入れるほど無駄なことはない・・・
しかし、視力に合う度数がないのです。

カラコンが流行りだした当時はテレビやニュースでも、コンタクトレンズの不適切な使用方法や眼科に置いていないようなメーカーのオシャレな物は
目に傷がついたり、最悪の場合失明の恐れがある。
と、話題になっていたのですが
意を決して、通販で購入しました。

結構高価な物だったんですよね。
届いてすぐ、ワクワクしながら開けてみると
おー。ブラウンじゃないですか。
これで私もハーフ顔。

さっそく装着。
やっぱり目の色が違うとイメージがガラリと変わりますよね。
元は真っ黒な目なので、周りの人もすぐに気付いてくれました。

新鮮な気分でしたが、やっぱり半日も付けていると
目が痛くなってしまい、取ることとなりました。

あれだけ欲しい欲しいと思っていたカラコンでしたが、半日の命でした。
その後、1ヶ月用のレンズでしたが
使用されることなく、気付いた時にはカピカピになっていました。

このように、無駄なことをしてしまった経験もあるので
これから先、よく耳にする安心できるメーカーの度ありレンズが発売されたら
リベンジするかもしれませんが、オシャレレンズを使用することはないと思います。

レーシックはコンタクトレンズのライバルとなりうるのか

視力矯正をする方法

視力矯正をする方法としてコンタクトレンズがあります。
コンタクトレンズはメガネのように邪魔にならないですし、自然な視界を確保する事ができますので、快適に視力矯正を行う事ができる機器として人気です。
しかし、そんなコンタクトレンズ以上に快適に視力矯正をする方法が登場しました。
それはレーシックという視力矯正手術の事ですが、手術を受ける事によって裸眼で生活する事ができますので、近年非常に需要が伸びている視力矯正方法となっています。
レーシック手術が登場した頃は手術費用が高かったのですが、今はかなり費用も下がっています。
その為、右肩上がりで需要が増加しており、コンタクトレンズのライバル的な存在となっています。

レーシックを受ける際の注意点

コンタクトレンズは便利な視力矯正機器ですが、利用に当たり手間が掛かってしまったり、眼に負担になるという短所もあります。
そういった煩わしさを解消したい為にレーシック手術を受ける方も多いのですが、実際に手術を受ける際には注意点があります。
それは手術に際してのリスクをしっかりと把握しておくという事です。
もちろん一定の安全が確保された手術となっているのですが、それでも手術後に後遺症が出てしまったというケースも珍しくないのです。
時には生涯残る後遺症が出てしまう事もありますので、安易に手術を受けるのではなく、手術を受けるリスクにはどういったものがあるのかをきちんと知る必要があります。


更新履歴

2015年12月9日
ソフトとハードコンタクトの需要を更新
2015年12月9日
カラコンには、乱視用もあります。を更新
2015年12月9日
様々なカラコンが発売されてるので欲しいなと思うけれども・・・を更新
2014年6月2日
レーシックはコンタクトレンズのライバルとなりうるのかを更新
2014年6月2日
コンタクトレンズには需要期と不需要期があるを更新
2014年6月2日
最も利用されているコンタクトレンズの使用期限とその理由を更新
2014年6月2日
スマホ利用で若者の近視が進む!を更新
2014年6月2日
コンタクトレンズメーカー大手の動向を更新
2014年6月2日
カラコンの普及もあってコンタクトレンズの需要はますますアップを更新
2014年6月2日
コンタクトレンズ市場の現状を更新